交通量調査ついて

    交通量調査とは、各方向別・車種別(乗用車・大型車両・バス・バイク)に、ナンバープレート等で分別し、車両の台数などをカウンターを用いて、車の台数を計測を目的とします。

    交通量調査とは


    交通量調査は、行政が行っている調査と民間調査があります。

    行政が行っている交通量調査は、定期的に調査(数年に一度)を行い、今までの交通量の変化を追うために使われます。

    また、渋滞している・事故が多い場所について、交通量調査を把握するという場合もよくあります。

    交通に関する問題を解決するために、道路が整備されるときに交通量調査を実施し、効果を計測する場合もあります。

    民間企業の場合は、店舗などが出店する際に、交通量調査は実施されている場合があります。

    交通量調査活用例

    ・大気、騒音、振動等環境調査に伴う交通量の測定
    ・工事に伴う申請用調査、交通予測
    ・出店計画、建設計画に伴う交通量調査
    ・出入り(動員数)調査
    ・信号現示測定

    調査内容

    調査員がカウンター(数取器)を用いて、定められた位置を通過した車輌や歩行者の交通量・時間帯別・分類別・方向別ごとに計測する。

    関連記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    Technology技術紹介

    TOP