技術紹介

Ipadの活用技術

Ipadなどのスマートフォンなどのタブレットを活用して業務を短縮をはかります。データ共有の簡素化iCloud Driveなどを使用して、外業と内業の連携をスムーズにします。モバイル3Dスキャンの活用iPad Proに搭載されている最新の光センサー技術である「LiD

アスベスト調査とは

アスベスト調査とはアスベスト(石綿)は、吸引することによって健康障害を及ぼすことが明らかになっています。耐久性・耐熱性に優れているため、高度成長期の建造物に多く使用されてきました。しかし、アスベストには肺がんなどを引き起こす発がん性物質が含まれており、体内に蓄積することにより健康被害

マイクロドローンによる狭所調査

建築分野におけるドローンの活用は、外壁点検など屋外での活用が中心です。その為、建物設備の為の活用事例や特許数は少ない傾向が見られます。しかし、ドローンによる無線法による適用されるが室内である為、航空法による制限は適用されないなど活用の可能性は広がっております。四門では、建築研究所と協力し

ドローンを活用した測量調査

こちらでは、技術的なコラム等を紹介していきます。ドローンによる写真測量不動産鑑定・各種申請および各種測量他、ドローンによるアイコンストラクションに対応した三次元測量や展開図作成など対応しております。点群を作るだけではなく展開図などの図面についても相談が可能です。ドローンで取得した

騒音・振動調査ついて

騒音振動調査はマンションの騒音トラブルや、工事の騒音振動クレームなど色々な場面で必要な調査です。騒音規制法、および振動規制法に基づき、特定工場・特定建設作業では、騒音・振動を測定することが義務づけられています。また騒音環境基準の達成状況確認のため、騒音測定を行わなければなりません。

地歴・土壌汚染調査について

土壌利用について試料採取、現地測定、土壌分析などの調査計画、事前の資料調査(フェーズⅠ)から土壌汚染対策後のモニタリング調査まで、一貫した土壌汚染調査サービスをご提供します土壌汚染対策法とは「土壌汚染対策法」は、2003年(平成15年)2月15日に施行された法律です。土壌汚染

地上型3Dレーザースキャナーによる 3次元計測の活用

四門では、地上型3Dレーザースキャナーを用いて3次元計測をしております。構造物や地形、遺跡などの計測対象物の形状を3次元座標点群データとして取得します。取得された点群データは、計測対象物の形状把握はもちろん、3次元モデルの作成や土量計算、縦横断計算等への加工が可能です。また、地上

交通量調査ついて

交通量調査とは、各方向別・車種別(乗用車・大型車両・バス・バイク)に、ナンバープレート等で分別し、車両の台数などをカウンターを用いて、車の台数を計測を目的とします。交通量調査とは交通量調査は、行政が行っている調査と民間調査があります。行政が行っている交通量調査は、定期的に調査(数

TOP