騒音・振動調査ついて

    騒音振動調査はマンションの騒音トラブルや、工事の騒音振動クレームなど色々な場面で必要な調査です。

    騒音規制法、および振動規制法に基づき、特定工場・特定建設作業では、騒音・振動を測定することが義務づけられています。
    また騒音環境基準の達成状況確認のため、騒音測定を行わなければなりません。

    騒音規制法とは

    騒音規制法というとその名の通り、騒音について規制する基準を定めたものになります。

    騒音を規制する法律としては、環境基本法もあります。
    環境基本法は、環境保全に向けた枠組みを示した基本的な法律であり、騒音全般と航空機騒音、新幹線鉄道騒音に関する環境基準を定めたもので、騒音規制法とは規制対象が異なります。

    騒音規制法は、工場や事業場における事業活動、建設工事に伴って発生する騒音についての規制と、自動車騒音や深夜騒音等の規制を定める法律です。

    また、騒音規制法は個人の生活騒音を対象とするものではなく、主に事業主を対象として規制する法律となっています。

    振動規制法とは

    振動規制法は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴って、発生する振動について規制する基準を定めたものになります。
    都道府県知事によって、振動を防止することにより住民の生活環境を保全する必要があると認める地域が指定されており、この指定地域内での振動が規制対象となります。

    騒音・振動調査調査活用例


    ・事業損失に伴う騒音振動測定
    ・道路、鉄道、航空機、工場、工事、店舗の測定予測評価
    ・住宅マンション関連の遮音性能測定
    (床衝撃、サッシ、設計許可等)
    ・伝播影響
    ・低周波音(低周波空気振動)の測定評価
    ・長期連続観測
    ・伝達振動レベルの推定

    調査方法

    騒音計を用いて、聴感補正をした騒音レベルを測定振動レベル計を用いて、鉛直方向の振動感覚補正をした振動を測定

    詳細情報について

    詳細な情報については、お問い合わせフォームよりお申し込みください。

    関連記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    Technology技術紹介

    TOP