地上型3Dレーザースキャナーによる 3次元計測の活用

    四門では、地上型3Dレーザースキャナーを用いて3次元計測をしております。

    構造物や地形、遺跡などの計測対象物の形状を3次元座標点群データとして取得します。
    取得された点群データは、計測対象物の形状把握はもちろん、3次元モデルの作成や土量計算、縦横断計算等への加工が可能です。

    また、地上型3Dレーザースキャナーとドローンで取得した点群データを用いて点群データを作成する場合もございます。

    地上型3Dレーザースキャナーによる 3次元計測の特徴

    ・位置情報を瞬時に計測
    ・長距離の計測が可能
    近傍~360mまでの広範囲を計測
    ・人が近づけない災害箇所等で活用できる
    ・測定精度が高い
    ・複雑な地形や構造物も正確に計測
    ・雨天や土埃などの環境下でも計測可能
    ・簡易モデルの作成
    アニメーションや 3Dプリンターで縮小モデルが作成可能

    計測の流れ

    1.計測対象の観察
    計測時の安全が確保できるか確認
    2.地上型3Dレーザー スキャナーのセッティング
    このとき、座標変換用の標定点をスキャナー周辺に設置する
    3.スキャン開始
    4.スキャン結果の確認
    スキャンの追加が必要な場合は、スキャン位置を変更して1~3.の作業を繰り返す
    5.位置合わせ
    標定点を基準に各スキャンで取得した点群データの座標付けを行う
    6.点群の統合
    複数のスキャンで取得した点群データを1つに合成する
    7.必要な処理を行う
    ノイズ削除、構造化等
    8.データ出力・納品

    計測様子

    地上設置型3Dレーザーによる測量の様子


    地上設置型3Dレーザーによる測量の様子
    地上設置型3Dレーザーによる測量の様子

    取得データサンプル

    取得データサンプル

    取得データサンプル

    関連記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    Technology技術紹介

    TOP