アスベスト調査とは

    アスベスト調査とは

    アスベスト(石綿)は、吸引することによって健康障害を及ぼすことが明らかになっています。
    耐久性・耐熱性に優れているため、高度成長期の建造物に多く使用されてきました。

    しかし、アスベストには肺がんなどを引き起こす発がん性物質が含まれており、体内に蓄積することにより健康被害が数年後に現れることもあります。
    そのため、段階を踏んだ法改正を経て、2006年よりアスベスト使用が全面禁止されました。

    法規制より以前の建物には、アスベストを使用した建造物が多くあります。

    アスベスト調査

    家屋調査におけるアスベスト調査については、以下の様な調査が必要になってくると考えられます。
    ・建造物の建築当時のデータ
    ・建造物にアスベストが使用されているか否か
    ・使用されている場合の建造物のアスベスト含有量
    ・使用されている場合、そのアスベスト含有量によって引き起こされる場合の健康被害や、関係法令の種類など
    ・建造物の解体時における、アスベスト飛散防止策の費用など

    建造物でアスベスト使用の可能性がある箇所

    ・外壁、区画壁
    ・鉄骨の梁・柱
    ・煙突
    ・天井
    ・部屋、廊下などの天井、壁
    ・配水管、配管の接合部など

    建物調査の必要性

    建物の改修・解体を行う場合の事前調査や、建物の売買等でアスベスト使用状況について、法律に基づいた調査が必要です。
    環境省が定める「大気汚染防止法」が改正され、一定規模以上の建造物に関しては報告が義務づけられました。

    国土交通省のHPに詳しいQ&Aが掲載されています。
    アスベスト対策Q&A – 国土交通省 (mlit.go.jp)

    関連記事

    コメント

    この記事へのトラックバックはありません。

    Technology技術紹介

    TOP